3/18(土)のお昼は、丹野さんの送別会も兼ねて!

2017 年 3 月 14 日 投稿者:あまの

3月18日(土)は田起こし・畦塗り作業です。まだまだ参加者募集中です!

毎回、せんがまちでの保全作業のお昼は、自分たちでおにぎりをつくって食べる、スイハニングを行っています。

今回は、特別編!
10年近く、せんがまちに通い生態系の研究をされていた静岡大学大学院の丹野さんが県外へ出られてしまうということで、ささやかながら送別会も兼ねて、ちょっと豪華にしようと思っています。

1470624327455

丹野さんは、ほぼ毎日のようにせんがまちに通っては、植物の様子や植生を研究されてきました。

ご参加予定の皆さん、お楽しみに!

投稿者 あまの

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
たまには田舎でステキ体験
2017年度棚田オーナー募集中!
詳しくはこちら
http://www.tanada1504.net/owner.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

あぜ道アート2017を開催しました

2017 年 3 月 13 日 投稿者:あまの

まだ少し肌寒い、3月11日。
せんがまちで「あぜ道アート2017」を開催しました。

先月の記事でもご紹介したとおり、今回のテーマは「里山からのおくりもの」。現代人が忘れかけてしまった「自然」の存在に気が付いてもらえるような企画にしようと考えました。

今回は当日の様子をレポートいたします!

朝8時から実行委員会は準備を開始。月曜日に作成した1064本のろうそく台を会場へ運び、学生たちと一緒にセッティングしていきます。

IMG_0684

IMG_0679

IMG_0642

上から見たとき、下から見たときに、キレイに見えるように、みんなで試行錯誤しながらレイアウトを決めていきました。
準備中に春を感じることも。

IMG_0683

午後は看板や交通整備、打ち合わせを行い、あっという間に第1部(時間がギリギリでかなり焦りました・・・)。第1部は約25名の参加者の方々と竹灯篭(とうろう)を制作。

写真 2017-03-11 16 11 53

里山との関わりの楽しさを表現する意味で、テーマは「えがお」。
講師は静大棚田研究会のザキヤマとウッチーです。堂々と説明してくれました!

IMG_0682

写真 2017-03-11 15 20 24

いろいろな「えがお」ができましたね。

写真 2017-03-11 16 09 19

かつて日本人は、竹を切って、削って、穴をあけて、様々な日用品をつくってきました。そんなDNAを感じられる時間になったかも?

IMG_0646

17時からは点灯式の準備。完成した竹灯篭56個を並べ、少し休憩した後に一斉に点火しました。
IMG_0681

DSC_0127

同時に、会場全体に設置したろうそくも一本一本、点火していきます。時間と共に、幻想的な風景が生まれていきます。

DSC_0188

DSC_0180

DSC_0173

IMG_0649

DSC_0152

かつて人間は、自らが生きていくために、山を拓き、田畑をつくり、水を引き、自然と戦ってきました。
そして何百年、何千年の共闘の果てに、人と自然が手を取り合う「里山」が生まれました。その間、私たちは多くの命を奪うと同時に、自然の恵みを受けてきました。

共闘から共生へ。
この棚田は、人と自然が上手に生きられることを伝える、現代の最後の砦なのかもしれません。
私たちはこれからも、この場所で発信し続けていこうと、改めて思いました。そして、一緒に棚田を守る仲間を増やしていこうと、思います。

IMG_0678

ご参加くださった皆さん、ありがとうございました!

<あぜ道アートの様子がテレビ静岡「みんなのニュースしずおか」で放送予定!>

本日3月13日(月)の夕方4時50分からの番組「みんなのニュースしずおか」にて、あぜ道アートの様子が放送予定です(あくまで予定です、予期せず内容が変更になることがございます)。
お時間がある方、ぜひご覧ください!
http://www.sut-tv.com/news/

投稿者 あまの

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
たまには田舎でステキ体験
2017年度棚田オーナー募集中!
詳しくはこちら
http://www.tanada1504.net/owner.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

あぜ道アート2017まで、あと4日!

2017 年 3 月 7 日 投稿者:あまの

いよいよ今週の土曜日3月11日は、「あぜ道アート2017

昨日は、畦に灯すろうそくの土台を事務局で制作しました。

作り方は、とっても簡単。
2Lのペットボトルに木片でつくった台を口から差し込むのみ。

IMG_0579

IMG_0581

しかし、これがかなりの重労働・・・
この作業の一番難しいところは、メーカーごとにペットボトルの口の大きさが異なること。
(みなさん、知らなかったでしょう?)
作業中に、サイズがあわないものが多く、また差し込みにはかなりの力が必要で、3人で取り組んで夕方まで制作作業をしていました。

9時半から始めて、終わったのが17時頃・・・
なんとか「1064本」のろうそく土台を制作することができました!

IMG_0582

大変でしたが、これでメインの火は準備万端!

まだ定員に余裕がありますので、ご参加予定の方はお申し込みください!

お申し込みはこちらから!
http://www.tanada1504.net/azemichiart/

投稿者 あまの

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
たまには田舎でステキ体験
2017年度棚田オーナー募集中!
詳しくはこちら
http://www.tanada1504.net/owner.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【参加者募集中!】3/18(土)田起こし・畦塗り体験

2017 年 3 月 3 日 投稿者:あまの

azenuri

春がもう顔を見せる3月。
3月の棚田農業体験は「田起こし・畦塗り」!
昨年の稲株を埋めて、田んぼの土を起こし、畦をキレイに塗る作業です。
足で踏みつけるだけでもできるので、小さなお子様にも人気の体験です。
棚田研究会の学生曰く「これが一番、面白い作業!」とのこと。

■日時
2017年3月18日(土)9:00~12:00
8:40~公会堂前で受付開始
午後も残って作業を行うこともできます
■会場
倉沢の棚田せんがまち・上倉沢公会堂
(菊川市倉沢1121-1)
アクセスはこちら
http://www.tanada1504.net/access.html
※駐車場もございます。上倉沢公会堂向かいの広場をご利用ください。
■内容
9:00~11:30 畔の補修
11:30~13:00 昼食(スイハニング)
※午後は、午前から引き続いて、田起こし・畦塗り作業を行います
■対象
棚田保全・自然体験・農業体験に興味のある方
今年度の棚田オーナーを検討されている方
■持ち物
長靴、長袖の汚れてもいい服、着替え、保険証、軍手、タオル
※昼食を食べられる方はおにぎりに入れたい具などをご持参ください、みんなでシェアしましょう。

ご参加希望の方は、事前予約は不要ですので、当日棚田へお越しください。
Facebookユーザーの方は、こちらのFacebookページへのいいね!とイベントページで参加を「ポチッ」として頂けると嬉しいです。

よろしくお願いいたします!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
たまには田舎でステキ体験
2017年度棚田オーナー募集中!
詳しくはこちら
http://www.tanada1504.net/owner.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

全国放送!NHK BSプレミアム「ニッポンの里山」

2017 年 3 月 1 日 投稿者:あまの

akagaeru

昨年から長期にわたり続いていた、せんがまちでの撮影がまとまり、ついにNHKで全国放送されます!

3月7日(火)7:00~ NHK BSプレミアム
「ニッポンの里山 ふるさとの絶景に出会う旅」

ぜひ、ご覧ください!

投稿者 あまの

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
たまには田舎でステキ体験
2017年度棚田オーナー募集中!
詳しくはこちら
http://www.tanada1504.net/owner.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【参加者募集中!】あぜ道アート2017 里山からのおくりもの

2017 年 2 月 15 日 投稿者:あまの

azemichi_top

昨日、TOPページにも掲載させていただきましたが、3月11日(土)にせんがまちにて、あぜ道アート2017を開催いたします。

一昨年の開催後、イベントの在り方やこの棚田で伝えたいこと、想いを整理しました。

テーマは「里山からのおくりもの」

かつて人間のそばに当たり前のように存在していた自然。
長い歴史のなかで、人間と自然の調和の果てに生まれた「里山」。
現代人が忘れかけてしまったものに気づく、そんなあかりの夜にしたいと思います。

まずは、特設サイトをご覧ください。

http://www.tanada1504.net/azemichiart/

みなさまのご参加、お待ちしております!

azemichi2

投稿者 あまの

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
たまには田舎でステキ体験
2017年度棚田オーナー募集中!
詳しくはこちら
http://www.tanada1504.net/owner.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2/18は静大棚田研究会と一緒にジャガイモを植えよう!

2017 年 2 月 11 日 投稿者:あまの

せんがまちで残る耕作放棄地は、過去の水路が壊れてしまっていて、実は水田に戻すのが困難な状況です。
そこで、6年前から静大棚田研究会の学生が、耕作放棄地を開墾し、畑として再利用できないかと様々なチャレンジを行っています。(個人的に、「耕作放棄地復活プロジェクト」と呼んでいます。浸透してくれるかな・・・)

IMG_0302

先日のブログでもお伝えしましたが、2月18日(土)は定例の保全作業日
その日の午後は、棚田研究会の学生たちが青空農園でジャガイモを植えてくれます。

jagaimo

当日は今まで耕した土を再度耕し、畝をつくって、種イモを植えるところまで、学生たちと一緒に体験できます。
午前中の棚田の保全作業と合わせて、ぜひご参加ください!

投稿者 あまの

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
たまには田舎でステキ体験
2017年度棚田オーナー募集中!
詳しくはこちら
http://www.tanada1504.net/owner.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

福岡県うきは市からお客様がいらっしゃいました!

2017 年 2 月 6 日 投稿者:あまの

今日は福岡県うきは市から、棚田の保全活動に関わる方々6名がせんがまちにいらっしゃいました。
ホームページでお写真を拝見しましたが、つづら棚田がとってもきれい!彼岸花が美しいですね。

NPOからは、理事長の山本さん、事務局長の堀さん、そして天野の3名でご対応させて頂きました。山本理事長にご挨拶頂き、堀さんからNPOの取り組みといきもののお話、天野からはせんがまちの特徴である大学生との協働についてお話させて頂きました。

IMG_0392

山本理事長からご挨拶。

IMG_0394

堀さんから、毎度おなじみNPOの取り組みといきものの話。
この棚田が生まれた歴史から、保全活動のはじまり、人といきものの共生など、幅広いお話に皆さん興味津々。

せんがまち_福岡県視察研修大学生VM_20170206

最後に自分から、大学生との協働について。静大棚けんが生まれて7年近くたちますが、いろいろな変遷をお伝えしながら、地域と大学生がどう関わっていくべきか示させて頂きました(写真を忘れてました・・・)。

公会堂でのお話のあとは、実際に棚田を上から眺めてみることに。

IMG_0396
棚田を一望できる場所に来ると、いろいろと質問が出てきます。公会堂の中でもそうでしたが、熱心にご質問頂き、とても嬉しかったです。逆に学ばせて頂くことが多かったです。

そしてサプライズ・・・まさかのイノシシが棚田を散歩!?

写真を取り損ねてしまいましたが、西側の棚田からトコトコと歩いて森へ消えていきました。真昼のイノシシは僕も初めてみました・・・いやはやビックリ。

約3時間ほどでしたが、うきは市の皆さん、遠くから本当にありがとうございました!

IMG_0395

★NPO法人せんがまち棚田倶楽部では、視察も受け付けております。日程や受け入れ人数などに制限がございますが、ご興味がおありの方は、お問い合わせフォームへご連絡ください。

投稿者 あまの

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
たまには田舎でステキ体験
2017年度棚田オーナー募集中!
詳しくはこちら
http://www.tanada1504.net/owner.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【参加者募集中】3/5(日)棚田米ニョッキを食べるランチ会

2017 年 2 月 4 日 投稿者:あまの

昨年度まで棚田オーナーだったみなさん、そしてこれから棚田オーナーや保全活動への参加をご検討されている皆さんに朗報です!
3月5日(日)に静岡市内で交流会を企画しました!

そして5年前に生まれた、「棚田米ニョッキ」が待望の復活!

「棚田のことをもっと知りたい」「保全活動に参加してみたいけれど、どんなことができるの?」というお声が多かったので、静岡街中でランチをしながらいろいろなお話を聴けるような企画につくりました。

お腹もいっぱい、交流いっぱいなランチ会にぜひご参加ください!
限定15名の企画です!

5年前に行われたランチ会の様子はこちら↓
<棚田米の練り込みニョッキを食べる会>
http://www.tanada1504.net/sengamachi/archives/3422

■日時
2017年3月5日(日)11:30~13:30
■会場
西洋食堂PaPa|静岡市葵区鷹匠1-2-2
新静岡駅からすぐ。
https://www.papa-gnocchi.com/
※駐車場はございません。近隣のパーキングをご利用下さい。
■内容
・せんがまちのお話(事務局より)
・棚田米ニョッキを食べながら交流会
■参加費
お一人様2,000円
■対象
せんがまちでの活動に興味のある方
今年度の棚田オーナーを予定・検討されている方

■参加方法
下記メールアドレスへ①お名前、②人数を明記の上、メールをください。
NPO法人せんがまち棚田倶楽部 担当/天野(あまの)
amano★tanada1504.net
※★を@に変えて下さい!

ご参加お待ちしております!

投稿者 あまの

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
たまには田舎でステキ体験
2017年度棚田オーナー募集中!
詳しくはこちら
http://www.tanada1504.net/owner.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ニホンアカガエルの産卵が始まりました!

2017 年 1 月 31 日 投稿者:あまの

nihonakagaeru

ついに、ニホンアカガエルの産卵がせんがまちで始まりました!
例年はもう少し早いのですが、今年は1月末から急激に冷え込み、冬水田んぼをするも氷が張って、なかなか卵が確認できませんでした。
事務局内でも心配していましたが、無事に1月30日朝に確認ができました。

ニホンアカガエルは、静岡県の絶滅危惧種Ⅱ類に分類される貴重なカエルです。
個体数の減少も見られていますが、せんがまちは棚田を守り、産卵する冬の時期に棚田に水を張ることによって、県内屈指の一大繁殖地になっています。

nihonakagaeru

2月18日(土)の畦の補修体験会では、ニホンアカガエルの観察もできます。
作業をしながら、なかなか見ることのできない卵に触ってみましょう。

2月18日(土)のイベントはこちら。まだまだ参加者募集中です!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
たまには田舎でステキ体験
2017年度棚田オーナー募集中!
詳しくはこちら
http://www.tanada1504.net/owner.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

投稿者 あまの