新&歓

2019 年 7 月 2 日 投稿者:しず大棚けん

みなさ~ん、お元気ですかぁ~。井上陽水です。嘘です。3年のもとかわです。
えー、念のため言っておきますが、今は「令和」です。そして私は「平成」生まれです。しょっぱなからネタが「昭和」ではありましたが。

さて、そんなこんなの令和元年6月28日、我々にとっては重要な日でありました。みなさんお気づきですよね?そうです、あれです!

プレミアムフライデーでした!

月末最後の金曜日は仕事を早く切り上げて、アフターファイブを楽しもうぜ!的なやつ。2年前の2月に始まって、今ではすっかり死語。なんだったんでしょうね、コレ。そういえば、3週間後には選挙があります。みなさん投票に行きましょう。

というわけで、くだらんボケが長くなりましたが、6月28日は新歓を行いました。参加者は37名、うち17名が新メンバーということで、今年は新メンバー多いねーとは言っていたものの、昨年の新歓記事(→http://www.tanada1504.net/tanaken/2018/07/06/20180706/)によると参加者39名うち19名が新メンバーとあり、意外と例年並みだったようです。

そんな37名、静岡駅に集まりてぞろぞろとおみせへ。道中、先頭にたって、後ろを振り返ることなくどんどん歩いていってとっととひとりでお店についたやつもいましたが。(さすが我らが代表!このように我々の追随を許さず常に何歩も(物理的に)先を歩き、我々を引っ張るその姿は代表の鏡!もとい鑑!)

さあ午後7時、第10代棚田研究会代表!のりんたろう大先生の堂々たる(?)乾杯のご発声でもって、新歓のほうは華々しく(?)スタート!

よっ!大統領!10代目!ジョン・タイラー(第10代米大統領)!

そこからは2時間強、いい感じにご歓談が繰り広げられました。ところで、前出の昨年の新歓の記事によると、昨年は幹部紹介やらなんやらあったそうですが・・今年なかったですねぇ・・みんな忘れてたねぇ・・・。

盛り上がっていますとあっという間にお時間。最後に10代目大先生がビシッ!と会を締めるようなことはもちろんなく!!ヌルーッとお開きと相なりましたとさ。

終了後、私は(なかなかできあがった状態ながら)ヒーローインタビューのアナウンサーよろしく何名かに感想をうかがいましたが、みな口をそろえて言っておりましたのが「親睦が深まった!」ということ。確かに、多くの新メンバーとも話せましたし、2,3年目メンバーともいつもと違う場で違った一面を見ることができたのではないでしょうか。
ただし!親睦が深まったのと顔と名前をばっちり覚えることはまた別物!おそらくまだ今後私は新メンバーに名前と学部をうかがうことが多々ありますが、なにとぞご了承ください!

そんなこんなで、きっと一丸で一団になったはずの我々、物理的に何歩も先をいく代表のかじ取りで一体どこへ向かっていくのか?乞うご期待!

今回も乱文乱筆遅筆失礼いたしました。
もとかわ

 

のんびりミーティング

2019 年 6 月 29 日 投稿者:しず大棚けん

こんにちは!
3年のひゃくたです(^ν^)
梅雨が本格的に始まり、だんだんと夏が近づいてきていますね。
私は、もうエアコンを始動させてしまいました…
もうすぐ7月ということに驚きを隠せません。やはり、またテスト勉強に追われる日々が来るのでしょうか…
今年もみんなにとって楽しい夏になるといいなと思います。

 

さてさて、今回のブログは6/27に行われたミーティングについてです。
木曜日にことごとく予定が入り、私は久しぶりにミーティングに参加しましたよ〜
後輩たちとはなかなか会う機会がないのですが、元気そうで安心しました。2年生はますます頼もしくなっています。私も頑張らねば…!

 


良い写真、取り忘れです…ちなみに左端は、レポートに追われる副部長です。

来月の作業の話をしたり、2年生は夏合宿の話をしたり、お昼ご飯を食べたり、レポートに追われたりと、特にこれといった予定はないものの、のんびりと楽しい時間でした。

どうでもいいのですが、ミーティングのお昼は久しぶりにコッペパンを食べました。イチゴジャムとマーガリンの組み合わせって合いますよね〜〜(本当にどうでもいい)

 

雨が続きますが、のんびりと頑張っていきましょ~
以上、ひゃくたでした!

ブログの一大イベントがやってきたよ!!(`・ω・´)

2019 年 6 月 28 日 投稿者:しず大棚けん

こんにちは。こんばんは、おはようございますの方もいるかもしれませんね。
お久しぶりです、いろはです (・ω・)ノ

まず最初に、このブログの投稿が遅れてしまったこと、各関係者の皆様にお詫び申し上げます…
ブログを管理してくれている広報班の川澄君に山中ちゃん、私の次にブログを書く予定の人、そして何よりもこのブログを楽しみにしてくださっている読者の方々 (いるよね?0じゃないって信じてる!) …本当にゴメンナサイ <(_ _)>

さて、では気を取り直しまして。

六月ももう終わりますね。最近は晴天だったり曇りだったり、天気が安定しませんね~
梅雨も明けたんだか続いているのか… (´・ω・`)
「明日は一コマないから洗濯しよう!」と思うときに限って晴れない…
部屋干しもやむなし。暑いのもあって最近はずっとクーラーで除湿しています。(電気代が楽しみだなぁ)

そんなすっきりしない天気や気分を吹っ飛ばす、明るいニュースをもってきましたよ!
それは…

新 入 生 紹 介 !! ヾ(≧▽≦)ノ

そうです。このブログの一大イベントの一つ (と勝手に思っている) 新入生紹介の時期です。
こんなジメジメしたときこそ、新入生の活気と可愛さに元気と癒しをもらいましょう (*’ω’*)
今年もたくさんの新入生が入ってくれたので、紹介ブログは数回に分けてお送りします。

新入生に聞いたことはこちら ↓

☆名前
①所属している学部、学科
②出身地
③入部の動機
④ブログ担当者からの質問 今回は「静岡県、静岡大学に来て驚いたこと」!

 

☆あさひな みお
①農学部 応用生命科学科 1年
②静岡県 浜松市
③入学前から一番気になってたサークルだったから。
④農棟が一番綺麗だったこと、守衛所のネコが可愛かったこと

県内出身のみおちゃん。浜松市出身は棚けんの先輩にもいますね~。お話が合うかもです。
入学前から棚けんを知ってくれていたとは!すごい!(・∀・)
農棟は綺麗だけど、共通棟から離れているのがネック… (これでも建て直しの時に近くなったんだって。)
ネコ可愛いよね!私は何故かネコにあまり好かれないので少し離れたとこから見てるだけだけど(´-ω-`)
これからもよろしくお願いします!!

 

☆いくぼ あい
①農学部 生物資源科学科1年
②岡山県
③大学で新しいことをやってみたかったから。
④静岡大学に坂が多いこと

はるばる岡山からようこそ愛ちゃん!
静大は本当に坂が多い (;^ω^) 学校に来るだけで足腰が鍛えられるね!
新しいことがやりたくて、って棚けんに入る人は意外と多い気がします。
私も理由の一つがそうです。
一緒に頑張っていきましょう!

 

☆いとう はるか
①理学部 生物科学科1年
②埼玉県
③大学生になったので新しいことを始めたかったから。あと、話す話題として面白そうだから。
④山の上に大学が建っていることです!埼玉県は関東平野の上にあるので…。

今年の新入生は、学部がバラエティに富んでいます。(このブログで紹介するのは農学部がほとんどですが(;^ω^))
やっぱり新しいことを求める方は棚けんに来るんですね!
確かに珍しいからな~。話のネタとしては申し分ないでしょう。実際、いろんな人に「サークルなにやってるの?」と聞かれますが、「棚田研究会です」と答えると皆さん一様に「?え、たな…だ…って何?(;・∀・)」ってなります。
春香ちゃんもたくさんの人に話して、棚けんを広めていきましょう!(゚∀゚)

 

☆たかはし あきのり
①農学部 生物資源科学科1年
②宮城県仙台市
③友達の勧め
④大学から海が思ったより近くて綺麗なことです。

お友達有難う!!見る目があるね!そして、実際に棚けんに来てくれたあきのり君も有難う(*´▽`*)
静大は山の上に建っていますが、確かに海がすぐそこにあるんですよね。自然いっぱいです。
棚けんの作業は基本山なので、あまり海を意識したことはなかったです(´-ω-`)
海もいいけど山も魅力的だよ!張り切って作業に向かいましょう!

 

では、今回の紹介はこのあたりでお開きにしましょう。
他の人の紹介もどんどんしていきます!(。-`ω-) お楽しみに!!

いろは

ミーティング

2019 年 6 月 20 日 投稿者:しず大棚けん

こんにちは!あっという間に大学生活3年目になりました、杉本です!

最近もう夜だなって外出ると結構明るくてびっくりすることが多かったんですが明日が夏至なんですね〜夏に向けた心の準備はできましたか?私の心はもう夏にあるので今友人と夏休みの旅行の計画を練ってます。

 

今日はミーティングでした!最近は作業の振り返りなど色々やることがあったんですが今日は特になく各々自由に昼ごはん食べたりお話ししたりして過ごしました。

1年生は棚けんTシャツのサイズを合わせてました!お揃いのTシャツで作業できる日が楽しみです!

2年生は夏合宿の計画を立ててました!今年はどこに行くんですかね?旅行大好きだから私も混ざりたいです笑

3年生はやることが本当になかったのでそれぞれ野球の話とかピザの話ゲームの話とか研究室分属の話とかしてました!私は棚けんの同学年のメンバーと学科が違うのでミーティングに行くとみんなに会えるのが嬉しいです。

田植え以来棚田に行ってないのでそろそろ行きたいです、きっとますます夏っぽい草の匂いと緑の色が強くなってそうですね。

 

気温が上がってきたので、熱中症には気をつけてください。

杉本

みんな大好きミーティング!

2019 年 6 月 17 日 投稿者:しず大棚けん

こんにちは!
東海地方も梅雨入りし、雨の日が多くなり、洗濯が大変に感じている2年の棚原です。

今回は、6月13日に行われたミーティングについて紹介していきます。

この日は、新入生歓迎会の日程について話し合いました。
授業やバイトで忙しいからか、みんなの都合が合う日がなかなか見つからず、思っていた以上に時間がかかりました。

 

      ↑ みんなをまとめている部長です!

新歓は6月28日に開催されることが決まりました!ちなみに、去年の新歓と同じ日付です。なんか面白いですね。

新入生とはあまり話せていないので、この機会に仲良くなれるよう頑張っていきたいところです!

 

この話し合いの他に、新メンバーの棚けんTシャツのサイズの確認もしていました!

 

また、全体でのミーティング終了後、2年生で集まって夏合宿について話し合いました。
行きたい場所はたくさん挙がってきましたが、一つに絞るのはなかなか難しいですね、、、
他にも、日程の調整や費用など、話し合う内容が多く、合宿の計画はあまり進みませんでした(*_*)

みんなの仲が深まる良い合宿にしたいですね!

 

以上、6月13日のミーティングについてでした。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

棚原

 

田植えを振り返る2019

2019 年 6 月 13 日 投稿者:しず大棚けん

こんにちは、かなり久しぶりにブログ担当になりましたりんたろうです。今年から部長となって4月に1年生が入るか大変不安でしたが、ぼちぼち棚けんに入ってきてくれてとても嬉しいです。今年の1年生は僕から見たらとても明るくコミュ力が高い人が多いので、棚けんがより一層賑わいそうで何よりだと思います。

さて、今回の内容は6/6のミーティングでの田植えの振り返りです。ミーティングには多くの1年生が参加してくれて、先日の田植えでの良かった点や反省点などを振り返りました。

事故や怪我が起こらず田植えが終わったのは良かったです。しかし、仕方のないことですが子どもたちが道路に飛び出しそうになったり、棚田で動き回って怪我をする可能性があったりしたので、今後は子どもたちの世話をする係を作った方がいいのではないかという案も出ました。10月の稲刈りではこの反省をしっかりと活かして、より良いイベントとなるよう頑張ります!

りんたろう

不幸なオリザ

2019 年 6 月 9 日 投稿者:しず大棚けん

梅雨に入り、ちょうど梅の収穫をしました。菊池です。
田植え2日目は無事に終了し、全ての田んぼに苗を植えることができました。以上きく……と、終わるわけにもいかないので、おまけを付けておきます。気が向いたら読んでみて下さい。

*****

 私はオリザ、オリザ・サティバという。今は狭い空間に3人で押し合いながら暮らしている。だが、ついこの前まではもっとすし詰めの所で生きていた。なぜそんな場所にいたかはわからない。物心が付いた時には満員電車に乗っていた。
私は、吹き抜ける風に心地よく身体を揺らす。同居人も同じように動く。しかし、彼らは私と違って本能のままに生きている。だから、人混みの息苦しさや広い大地の解放感を感じない。彼らもきっとオリザなのだ。私にはわかる。周りには私達と同じように数人で身を寄せ合うオリザが何組もいる。
どうして――なぜ身を寄せ合う? なぜ根を切られる? なぜ水の張った土に植えられる? 何のために生きるのか――。
人間は楽しそうに私達の根を切り、3人まとめて土に埋めた。彼らは何の目的でこんなことをしているのだろうか? きっと私達は利用され、彼らの利益となるのだろう。
――私は答えが出ないと知りながら、考えることをやめられなかった。

ある日、また人間が入ってきた。私達の周りのオリザ以外の草を抜いているようだった。
すると、近くに土の色に同化した植物であっただろうものが浮いてきた。体の上部は切り取られ、腐りかけている様子だった。
「考えるのはやめなさい」
「……あんた、話せるのか?」
その声を感じた時には少し驚いたが、発信源は容易に想像が付いた。
「お前は不幸だ。考えずにはいられないだろう」
確かに、私は常に考えている。それ以外にできることが無いのだから、当然のことだ。しかし、それは彼とて同じことではないか?
「……誰だ?」
「私は、オリザ。1年後のお前だ。私はもうすぐ死ぬが、お前に教えておいてやる。――他のオリザと同じように生きろ。知性なんて捨ててしまえ。そうすれば、きっと楽になる――」
彼はそう言って朽ち果てた。そのうち、戻ってきた人間に踏まれ、地中に沈んでいった――。
「あんたは考えることをやめられなかったのか……」
私は悟った。私がいくらあがこうと、この世界から逃げ出すことはできない。そして、このままでは彼のように後悔しながら死んでいく。
決めた。考えるのをやめよう――。

 ――あれからどれくらいの時間が経ったのだろう。私はどんどん根を張り、吸い取った栄養でぐんぐん葉を伸ばしていた。
今、私の葉は虫に喰われている。その勢いは留まらず、全て喰い尽くされてしまうかもしれない。
だが、痛くない。苦しくない。

だって、私はとっくに『死んだ』のだから。

*****

 最後までお読みいただき誠にありがとうございます。以上、菊池でした。

みんなが集う棚田

2019 年 6 月 7 日 投稿者:しず大棚けん

みなさんこんにちは、今回のブログを担当します、3年の川澄です。

今回の内容は、先日行われた棚田の一大イベント、田植えについてです!
なんと今年は過去最多の参加人数ということで、棚けんメンバー一同、張り切って臨みました(`・_・)و✧


まず開会式では、恒例の堀さんのお話です。棚田に住む生き物や、田植えのやり方についてのレクチャーがありました。
その後は、オーナーさんと共に、田植えタイムです!棚けんメンバーは、主にサポート側に回りました。


サポートといっても、オーナーさんの中には、毎年田植えに参加している方も多くいらっしゃるので、自分たちが助ける必要はそれ程ありませんでした。苗を運んだり、楽しくお話ししたりするうちに、時間が過ぎていきました。

そして、棚田にはカエルやオタマジャクシをはじめとして、様々な生き物も姿を見せました〜





なんと、こんな来訪者も!!↓


棚けん3年目にして、初めてカモシカを見ることができました(^^)
あのサイズの動物を見ることがあまり無いので、堂々と目の前の棚田を横切っているのが、少し信じられない気持ちでした。

お昼は、地元の食材をふんだんに使ったお弁当です!

全てのおかずがとても美味しいのですが、僕は特に煮卵が好きです。お米が美味しいのは言うまでもありません(o^^o)

今回の田植えでは、自分はインストラクターを務め、オーナーさんたちと関わることができました。その中で、オーナーさんの中にも、初めての方、常連の方、親子連れの方、企業の方など、本当に色々な方がいることを実感しました。そんな様々な背景を持つ人たちが集まり、日々の息抜きとして、一緒に田植えをする。千框の棚田が、みんなの憩いの場として、楽しい場所になってくれたらと思いました。

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
川澄でした。

 

 

 

※ブログ更新日遅れてすいません。

代掻きの振り返りと安全講習会の報告!

2019 年 5 月 31 日 投稿者:しず大棚けん

皆さんこんにちは!農学棟前の坂にいつまでも慣れない、2年の橋本です。
朝、正門を通って農学棟に向かうのですが、長い階段と急な坂がきつくていつも息切れしてしまいます…棚けんの夏の作業のためにも体力をつけなければ‼

先日のミーティングでは先週行った代掻きの振り返りと安全講習会の報告会を行いました。

最初に、代掻きの振り返りから!

グループごとに分かれて良かった点と悪かった点、改善点を話し合い発表しました。

去年の代掻きは2日かけて行ったのですが、今回は1日で終わりました!
1年生が頑張ってくれたおかげですね‼1年生は初作業でしたが、楽しく作業してくれたみたいなので良かったです~(*’▽’)

次は安全講習会の報告について!
次期救急班班長の増田君が安全講習会の報告をしてくれました。内容はけがの対処法や熱中症の症状が出た人への処置についてでした。

事故が起きないように気を付けていても、事故は必ず起きてしまいます。
そのため、事故が起こった後にどう対処するかが非常に重要です。必ず、一人で解決しようとせずに何人かで対応するようにしましょう!

棚けんのメンバー同士、オーナーさんとのコミュニケーションも重要です!
体調不良をすぐに伝えられる雰囲気をつくることで、熱中症やけがの悪化を防ぐことができます。

私たち一人一人がリスクマネジメントをすることで、オーナーさんや棚けんメンバーはもちろん、棚けん自体を守ることにつながります。その自覚をもってこれから作業をしていきたいですね!

今週末は一大イベントのひとつである田植えがあります!
気温が上がることが予想されるので、熱中症対策をしっかり行いましょう!

拙い文章ではありましたが、最後までお読みいただきありがとうございました!
以上、橋本でした~(*´▽`*)

~帰り去くに如かず~ あ、内容は代掻きですよ。

2019 年 5 月 29 日 投稿者:しず大棚けん

みなさん、こんにちは。最近かなりホームシック感が強めの宮嶋です。
どうしてですかね?GWに帰省したばっかなんだけどな~

もしかしたら先日、大学内(=山)で聞いたあの鳥の声のせいですかね?
その鳥の鳴き声を異郷の地で聞くと激しい郷愁に襲われる、
と小泉八雲が『日本の面影』の中で紹介しています。
夜になると木立の中で鳴くため、姿を見るのはなかなか難しいそうです。
その哀愁ある声の持ち主は毎年、田植えの時期になると冥土(黄泉の国)からさまよい出てくるとされ「死出の田長」とも呼ばれています。
もうだいたいわかりますね。
わからない方はタイトルをもう一度よく読んでみてください。

さて、そんな田植えの日が間近にせまった棚田では5月25日に代掻きを行いました。
代掻きでは足や鍬を使って苗の生育の妨げとなる雑草を土の中に沈め、
田植えの時に苗を植えやすくするためとんぼを使い土を平らにします。言葉で書くとそんな感じですが、足が思うように動かせない状態でひたすら足で草を踏み沈めていくので、体力的にかなりハードな作業です。
雑草にそんな恨みはないんですけどね~
夏になると牙をむいてくるので。

1年生は今回が初めての作業で、しかも参加したのは全員女子(←代表がよっっっぽど魅力的だったんだと思います)ということで、初作業にしては結構しんどいものだったかと思います。
それでも1年生は午前午後ともに一生懸命作業をしてくれました!
上級生としては、「こんなきついなんて聞いてない!」とか「想像してたのと違う!」とかいう声が(少なくとも声としては)聞こえてこなかったので安心しました(笑)また、同時に耕運機を使っての代掻きも行いました。
耕運機の操作はほんっとに大変で、例えるなら気性の激しい闘牛をなだめるような感じです。
たぶん耕運機と仲良くなるのは無理だと思います。

でも、無駄に力んで苦戦する学生とは違い、地元の方々は難なく操作していたので思わず見入ってしまいました。
見習える部分は地元の方々に少しでも見習っていきたいと思いました。

お昼はオーナーさんの方々とご一緒にスイハニングをしました。
やっぱり疲れた後のおにぎりはいつもより美味しく感じますね~午後も代掻きの続きをしましたが、だんだんと疲れてくると面白い現象が起こるんです。
第一段階:手足の動きが明らかに鈍る
第二段階:完全に動きが止まる
第三段階:みんな静止したままどこか遠くを見つめる
個人的には第三段階がなんだか哀愁があって好きですね(笑)

作業の最後には、田植えの時にオーナーさんが自分の田んぼがわかるようネームプレートを全員で設置しました。
今年は去年より多くの方々に参加していただけるみたいなので、棚研メンバーも当日は頑張りたいと思います!今週はいよいよ田植えです!
夜にはゲンジボタルの姿も見られるとのことなので今から楽しみですね。
それでは、棚田でお待ちしています!

宮嶋

 


error: Content is protected !!